天井カセットエアコンを設置する際のポイント教えます

天 カセ エアコン

連日の猛暑日や冬場の寒い日が多い近年の日本では、寒暖差がより大きくなってきていますので、エアコンの導入は一般家庭でも業務用でも必要な時代になっています。業務用の店舗の場合には室内状況にもよりますが、飲食店などでは調理をする時に熱がこもることで高温になることや、客数が多いと熱気が充満することが通常ですので、室内の空調を調整して快適な空間を常時作り出すことが、経営利益にも関係してきます。多くの人々が室内に居ることが多い業務用機器の場合には、メーカーも一般家庭よりも馬力が大きい耐久性のある製品を開発しています。その中で、店舗の雰囲気を壊すことなく設置ができるエアコンとして、天井にカセット型として組み込むタイプの物があり、近年では人気があって多くの店舗などではすでに導入されています。

天井のカセット型エアコンの取り扱いは専門業者がする

天井のカセット型エアコンにすると、室内に設置した時に部屋全体の雰囲気を崩さないという魅力がありますので、見た目を重視する場合にはこのタイプの機器が導入されることが多いです。従来の機器のような機能でお部屋全体を一定の空調温度で保ってくれて、さらに天井に機器が収納されているために、本体を目立たなくしてくれるタイプというのが、この天井のカセット型エアコンというわけです。このタイプは従来型とは違った施工をすることから特殊な作業を伴いますので、取り付けや取り替えに関しては、専門業者が請け負うことが一般的です。そのため、本体の価格はメーカー製品についてある程度一律に決まっていたとしても、この業者の施工内容や作業人数、時間などによっても、取り付けや取り替え費用の相場は、変わってくることがあります。

天井のカセット型エアコンの施工費用は機種や業者にもよる

天井カセット型のエアコンは、本体部分にはフィルターや吸い込み口があって、その吹き出し口にあたる部位が一体になった構造であり、さらに本体全てが天井に埋め込まれた形となるので、空調機器が目立たないタイプです。従来のような空調機器のような凹凸が目立ちませんので、見た目も非常にすっきりとします。風の向きも種類によって、2方向もしくは4方向に吹き出すのが特徴です。これにより室内全体に寒暖のむらができにくく、温度を均一にできるメリットもあります。特に、業務に広い室内空間を必要とすればするほど、このメリットによる効果を得られるでしょう。相場も作業内容や依頼する業者によって違いが出ますが、従来の壁掛けタイプのエアコンを設置する場合に比べますと、費用は割高となるのが一般的です。また販売から取付けの工事までが一貫してできる業者の方が、相場も安いことが多いです。